美容

施術内容を理解しよう

美容整形の発展で確実な治療が可能に

女性

外科的措置が必須となるのが目の下のたるみ治療です。この措置によってたるみの原因である余っているまぶたの皮膚や眼窩脂肪を取り出すことで、症状を解消できます。 このため目の下のたるみを取る治療は美容整形の歴史と密接に関わっています。美容整形は紀元前600年のインドまで遡れますが、本格的な発展を迎えたのは20世紀になってからです。日本では1920年代には高鼻術に加えて目を大きく見せる、一重まぶたを二重にするといった目に関連した施術もよく行われるようになります。 目の下のたるみ治療もその頃から取り扱う病院が見られるようになりますが、当時はまだ切開法によるメスを瞼に入れる術式のみでした。現在よく行われるヒアルロン酸注入や、経結膜脱脂法などは比較的新しい術式です。

たるみの特徴と術式を知っておく

美容整形の技術が大幅に進歩して、誰でも気軽に施術を受けられる時代となっています。かつては完全な治療が難しかった目の下のたるみも、今では美容外科で全て治すことができます。しかしそのためには、目の下のたるみについて特徴をよく知り、原因やそれに対応した術式についても理解しておくのが理想です。 まず原因に関してですが、その多くが目の周辺の筋肉が加齢などによって衰えることで、眼窩脂肪がせり出したり、余剰な皮膚が下垂することで起きています。症状の重さによって、対応する術式が違っており、比較的軽度ならばヒアルロン酸やボツリヌス菌注入で治療できます。 重度のたるみの場合は切開法や切らない脱脂術、脂肪を取り除かずに移動させる眼窩脂肪移行術などがあるため、美容外科のカウセリングを通して最適な施術を決める必要があります。